« バラが満開 | トップページ | これなーんだ(嫌なニオイ編) »

2005年6月28日 (火)

ジギタリス

20050627digitaliscombiママのきのうの日記
私の大好きなジギタリスが咲いた。狐の手袋、妖精のすみか、内側の斑点は気持ち悪いと嫌がる人が多いけれど、あれは妖精の足跡なのです。こぼれ種で毎年毎年咲きつづけてね。

ジギタリス雑学:ヨーロッパに古くから薬草として伝わる植物だけに、多くの伝説に富む。ハーブガーデンの作り方に関するHPには、フェアリーガーデン(妖精の庭)を作るには、タイムの次にジギタリスが欠かせないと書かれていた。なぜなら、ジギタリスの花の中で妖精たちは眠り、目覚めると花を帽子として被るから。。。
米アーカンソー大学農学部のHOME&GARDENのHPによると:「フクシアの名前の祖であるLeonhard Fuchsが1542にDigitalisという正式名称をつけた。ラテン語のDigitus(手袋の指)が語源。」
Foxgloveという英語名の由来はいろいろとあり、一説にFolks glove、つまりgood folks(良い民)と呼ばれていた妖精たちの手袋とか。他説は、古英語のfoxes glofa、つまりキツネの手袋。英国の北方の伝説で、悪い妖精が、キツネに忍び足で歩いてニワトリを襲えるように魔法の手袋をあげたことから、とか。実際にキツネが好んで住む丘陵地帯にこの植物が群生していたことからも、キツネと関連付けられてきた。
とにかくいろいろな呼び方があり、おもしろい。たとえば、Witches' Thimbles(魔女の指貫)、 Fairy's Hats(妖精の帽子)、Gloves of Our Lady(聖母マリアの手袋)。花の色によっては気持ち悪いものもあるからでしょうか、Goblin's Gloves(ゴブリンという醜い小人の妖精の手袋)、Dead Man's Fingers(死人の指)などというのもある。
さらに、ハーブ辞典に、画家のゴッホが、癲癇の薬としてジギタリスを服用し、副作用で視界が黄色く見えたため、画風に影響を与えたと考えられるとの説明があった。
強心剤としての効果があるらしいが、毒性が強く、ペットが食べたりしないように気をつける必要があります。

|

« バラが満開 | トップページ | これなーんだ(嫌なニオイ編) »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164021/8319005

この記事へのトラックバック一覧です: ジギタリス:

« バラが満開 | トップページ | これなーんだ(嫌なニオイ編) »