« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月27日 (水)

つる薔薇とアナベル

ママの日記
赤いつる薔薇と白いアナベル(あじさい)
この精緻な形と色
人間には作れない
この美しさを目にすることができるから
飽きもしないで花作りを続ける
ベルギーに住んでいた頃のファミリードクター
お孫さんの名前はアナベルだった

combi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月19日 (火)

ブルーベリー 雪害と鳥害

ママの日記

ブルーベリー収穫時期到来。大掛かりな雪囲いをしたのでやっと今年はまともに収穫できます。毎年雪で枝が折れて折れて残念に思っていました。

20050718blueberry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月18日 (月)

アスパラ狩り

ママのおとといの日記
今日(土)は、かねてより予約していた飯豊町のアスパラガスの摘み取りに行ってきた。

近所の二組のご夫婦と一緒に。私たち夫婦には、初めてのキャンピングカー乗車体験。昔、アメリカやヨーロッパでは、良く目にしていたのだが、実際に走行中のキャンピングカーに乗ったことはなかったのだ。

最初、カーブだらけの山を下って行くときは振られて何だか目が回りそうで、これは一時間半のドライブに持ちこたえられるかしら、と心配になってきたが、普通に走り出すと、意外に平気だった。当日は村の共同作業としての道の草取りが朝早くからあり、夫が五時に起床したので私も眠たかったのだ。居眠りしていた。持ち主で運転してくださった方が、まめに編集されたMDの音楽を聴きながら。。。

途中、長井のあやめ公園に立ち寄った。あやめは既にすっかり咲き終わっていた。横浜から来たというヘンな初老の男性に「あなたたちと同じですでに終わっているの」という言葉を浴びせられて、思わず私とキョウコさんは飛び上がった。30センチくらい。

昼食は「かく長」というソバ屋に行った。注文を取りに来たおばあさん、雰囲気といい、言葉といい、山形を舞台にした映画のワンシーンみたいだった。

山形に御縁のなかった昔は、飯豊という読み方さえ知らなかった、いいでまち。休耕田を利用した10アール以上という広大なアスパラガス畑で汗を流しながら夫婦で6.5KGを収穫。オーナーの奥さんからアスパラの三五八(さごはち)漬けを教わった。これも山形にいればこその絶品。

絶品といえばもう一つ。ソバの後、先日、東京行き新幹線の中で隣に座ったおばあさんのお宅に伺った。本業は造り酒屋なのだが、自分は漬物製造販売しているとお聞きしていたので、長井に行ったついでに伺った。試食に出してくださったナスの瓶詰め、6人共、あまりの美味しさに目が点になった。基本的に山形は食文化が高く、郷土料理はなんでもおいしく、漬物上手な方は多い。でも、これはおいしいのを通り越している。まさに絶品。即座に注文をした。最上川の小石が一番上にチョコンと乗っけてある。84歳、只者ではないおばあちゃんだったのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月15日 (金)

終わりなき花庭作り

20050714hanacombi ママの日記
このところ、毎日毎日咲き終わった花の刈り取りと、増えすぎた花を抜くことや草取りに追われている。ギボウシなど、4年目で直径1mになった。開墾と植え付けが終われば楽になるかと思っていたが、きれいに保つのはなかなか骨が折れる。昔、雑誌の写真を見ては、こんな場所を作るぞと夢を抱いていたものだが、今、同じものをみても当時ほどの感動がない。今や、私の庭も結構いける、と思っちゃったりして。

でも、じっくり見ると、超スピードで植え込んでいったのでやっぱりどこも同じパターンのような気がする。混植ばっかりではなく、締めるところは締めてメリハリをつけよう。花庭作りには終わりはない。

近所のSさんが今春退職されて、念願の花庭作りを始められた。昔はお舅さんのキャベツ畑だった1000坪、除草さえすれば、下は良い土地。私は維持管理が楽になるよう省エネガーデンを大いに薦めている。彼女は既に実験済みで、水やりしなくても良い花を植えるそうだ。プロのお百姓暦ウン十年のお姑さんが「あんなに畑ばかり行くと疲れてしまう」と心配されていた位だから、やっぱり頑張っているんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入りの場所

20050715heita平太の日記
パパとママが庭で作業している間は、こうしておとなしくスィングチェアーの上で待ってます。ここからの眺めは絶景!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 3日 (日)

あけびの棚(続編)

パパの日記
雪の重みで傾いたアケビの棚のその後。4月の残雪の頃、簡単な牽引具を求めてきて起こしました。今では、5月に植えたアケビが根付いて成長を始めています。来年はアケビの花と実を楽しめるぞ。
20050703akebi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これなーんだ(いいニオイ編)

20050702baraburo2
これなんだかわかりますか?
す・べ・てオールドローズなんです。マザーズローズガーデンのKさんが下さったんです。バラ風呂にしてと。クレオパトラか、マリ-アントワネットか、高貴なバラの香りに包まれながら幸せ幸せとバラの海に沈みました。

バラ風呂雑学:ちなみにバラ風呂に入れるところなんてあるのかな、なんて調べてみたら、こんなのがありました。山形県は寒河江温泉でやっているようです。情報はここをクリックしてください。なんでも寒河江(さがえ)は日本一のバラの生産量とか。実際にこのバラ風呂に入ったわけではないのでどうか分かりませんが、温泉とバラの相乗効果を楽しむという手もあるんだなあ、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これなーんだ(嫌なニオイ編)

20050702kurinohana2これなんだかわかりますか?
栗の花ですよ!嫌なんですよね~、この時期。頭が痛くなる臭いが立ち込めるんです、10日間位。特に梅雨の合間の曇り空の日、嫌ですね。秋には小粒ながらあまーい栗の実もたらしてくれるのですけど。我家の周りを見渡すとあっちもこっちも栗の花だらけ、あー早く終わって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »