« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月25日 (木)

「熊汁・皆で食べれば怖くない」

ママの日記
昔ベルギーに住んでいた時ほんの数回フランス料理たる物を習ったことがあって、肉の扱いはやはりかの地の方が上手なので応用した。「熊肉は硬いので、アクを取りながら長時間煮る。」の代わりに、サッとゆでて洗い、保温鍋に入れること2回。これで柔らかくなり、まるで缶詰のクジラ肉状態。「野菜をいろいろ入れて、しょうゆ味。」と言うのは、昔山梨県に住んだ事があって「ほうとう」の作り方を知っていたから、それを応用した。たっぷりの刻みねぎを乗せてアツアツをいただく。美味しいが、どうもあの黒い毛だらけの動物が頭をよぎる。

「庭をうろついていた熊を捕まえたので熊汁にして食べましょう。皆で食べれば怖くない。一生に一度のチャンス。」と言う私の無理やりの掛け声でシブシブ集合して下さった2組のご夫婦も同じ気持ちであったに違いない。ランタンに照らされた薄暗いテラスで同じ鍋の熊を食したのですから、これからも仲良く年を取りましょうね。
20050824kumajiru

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

熊の足跡後記

パパの日記
今日、ご主人が猟友会のメンバーであるご近所の方から1包みの肉が届けられました。
先日我家の畑に熊の足跡があった事を記しましたが、廻りの畑も荒らされ、しかも小学生の児童が通る道脇の畑にも出没しているので危険と言うことで、罠を仕掛ける許可が出たのです。
これに一頭の熊が掛かり、猟友会のメンバーが解体。一部が家にも来たと言うわけ。
今年はとうもろこしを取られるのではなく、熊公を逆に食ってしまおうということになりました。
熊汁ってどんな味なのかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

熊の足跡

パパの日記
今年も熊がとうもろこしの出来具合を確かめにやって来た。
あー、まだ早かったか。また来るよ。と言わんばかりに、ほうれん草の芽が出かかった畑に足跡を残し、一本だけ試食して立ち去っていた。
あまり沢山でもない収穫品を熊に食べられてたまるか。人間さまの口に入るまで待ってくれと、早速警報機を仕掛けたパパでした。その後2日間はどうにか無事だ。

写真、左から:熊の足跡、ボキリと折られたとうもろこしの茎、ちょっぴり試食された未熟なとうもろこし、警報機。
20050811kuma

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 9日 (火)

DIY

パパの日記
庭に白いアーチが増えた。栗の枯れ木に登らせた薔薇アンジェラの脇に1.6x1.8mの間隔でポールを立て薔薇のシュートを誘引できるように棚を作った。今年のDIYの第一作目。
05807archforrose

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »