« 東京 | トップページ | いつもの春の到来 »

2006年3月 1日 (水)

中途半端な季節

 雪がどっさりあって気温が上がる。霧が出る。ウー、3月か。後1ヶ月で雪は消える。白い雪、黒い森、裸木の枝はアクセント。白黒の版画の世界。鬱積された雪国の冬の暮らしの限界を感じるこの頃です。太陽の光り輝く日は、雪の白と空の青でなんだか冬が終わるのが惜しくさえ思うのですが、霧の日はイケマセン。陰うつと申しましょうか。

 戦後開拓でこの高原に入植した人達が市の清掃工場の公募に応募した。昨日のTV,今朝の新聞で知る。この美しい高原には似つかわしくないし、勿体な い利用の仕方。断固阻止します。DSC01848

|

« 東京 | トップページ | いつもの春の到来 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164021/8895068

この記事へのトラックバック一覧です: 中途半端な季節 :

« 東京 | トップページ | いつもの春の到来 »