« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月21日 (日)

贅沢なひと時

Dsc02462_1

Dsc02457_1

 今日は朝から日差しが強くて空は青く遠くの月山や朝日連峰の山々がきれいに見えている。こうなると家の中に居るのは勿体無くてソワソワする。

 お友達のA さんに電話して牧場に行きませんかと誘った。三百坊ペンションに車を停めてAさんのお姉さんご夫妻も含めて6名で20分ばかりエッチラオッチラ、スノーモービルが通って固まった雪の上を長靴で登る。

 さあ、ここですよ。私の大好きなポイント。ちょっと突き出た白い雪の岬のような所でシートを広げ熱いお茶とお菓子を頂く。飯豊連峰はちょっとかすんでいたけれど眺めは最高。私共夫婦以外は皆さん地元の方々なのだが、「こんなことしたのは初めて」と感激してくださる。私は一人帰路はそりで滑り降りる。これが又面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

大雪

今年は雪が少ない年。そんなことを考えていた正月明けでしたが、とうとうやって来ました。7日の夕方から降り始め、天気予報が北陸から北海道にかけて日本海側に大雪といっていたが、8日の朝25cmくらい。こんなものかと安心していたら、8日は日中絶え間無く降って、夕方までに75cm、9日朝にかけては更に20cm。結局1mの積雪で、HP top の写真の風景になってしまいました。でも9日は天気は良くて、雪掃きにいい汗かきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

飽食の時代

Dsc02448_1                                                      灰色の空に白い雲。 ちょっとダークな景色の中での珠玉の色。  採りもされず放置された柿。 昔は食料として貴重であったであろうに。 干し柿にするのも面倒なのか、あちこちでこんな光景が見られる。 カラスも食べない。 なぜなら渋柿だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝のドラミング

Takagera  何!!意図的な行動に伴なって発する物音、そして目的は定まったかの様に断続的に鳴らされるリズミカルな音。ベッドの中から、まるで頭上で繰り広げられている様な音に耳を澄ませる。

 「お父さん、何 あれ?」  「ウーン?」  「キツツキよ!」

 家を壊されてはたまりません。夫は壁を叩き、私はドアーを開けて音を出す。 止んだ! これが2日続いた。 

 2階のベランダに出てみると木クズが散らばっている。

 村の公民館はよくキツツキに巣を作られるらしい。人気が無いから格好の場所。去年庭の木に来た大赤ゲラの美しい姿に驚いたものだが、家を壊されてはたまりません。

 森の木にどうぞお作り下さい。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新年

 なんか新年と言うのもあんまりピンと来ない状況になってしまいましたが、やっぱり生きていればこそ迎えられた訳ですからふかーく考えれば感謝すべきことなのです。

 12月半ばに積もった雪も解けて28日まで地面が見えてました。緑の草、茶色の土、ウキウキとその上を歩いてまるで嘘みたい、これで済む訳ないよねと話していたら、翌29日にはドッカと降りました。西蔵王に来た当初は雪の美しさに驚嘆していましたが、今はいやーな気分。地元の人達が雪は邪魔物という認識よくわかります。私もすっかり山形県人になったと言うことでしょうか。またスキー狂いにでもなれば冬も楽しいかと、この頃蔵王にもシーズン券が出来たと言うので調べてみれば6万5千円。ウー、これ使いこなせるほど滑れるかなー!まず体力に自信がない。それに昔のウエアーはきっとはまらないし、板はこの頃すっかり短いらしい。準備するだけでも面倒そう。でもお正月、てんきもとても良くて夫と娘は2日続けて行った。10数年前に比べると人は半分もいない位でリフトは待たない、ゲレンデも滑りやすいとのこと。考えちゃうなー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »